ベノ教授のフォトアルバム作成中!

	

Victor Benno MEYER-ROCHOW Ph.D., D.Sc.

Jacobs大学生物学教授(ドイツ)、Oulu大学医学部生理学講師(フィンランド) 研究主要分野: 比較動物生理学及び解剖学、感覚生態学、民族昆虫学 略歴: Victor Benno Meyer-Rochow はニュージーランド人であり、2000年にフィンランドOulu大学極寒医学研究所よりJacobs大学に移籍した。 1974年にオーストラリア国立大学で神経生物学のPh.Dを取得後、大学のリサーチグループに所属し、 後進国先進国、旧世界新世界、北極南極と、さまざまな地域を訪問する機会が与えられた。 彼の講義と研究活動や400を超える文献は、動物と細胞、電子顕微鏡、そして生物(と人間)の行動といった広大な動物学を網羅している。 また、主要なコンタクトとして、フィンランド、ハンガリー、インド、中国、日本、韓国そしてブラジルの研究者と協力している。 賞など: オーストラリア科学・工業研究機構ポストドクター賞 (1973年) クイーンエリザベス2世海洋科学特別研究員(1974-75年) 日本学術会客員教授 (1981-82年および2002年) フィンランド科学学術会 客員教授 (1979および1996) アレキサンダー・フンボルト研究奨学金(1982-83年および1989年) 英国文化振興会ケンブリッジ大学奨学金 (1986年) フルブライト 教授職 (1995年) 1999/2000年ミレニアム特別講師(南極) igノーベル賞(2005年 ハーバード大学) D.Sc. 取得(2005年オーストラリア国立大学 南極と民族研究額における先駆的研究者として) 主要な学術論文: 文献のページをごらん下さい。 備考: ニュージーランド国有研究プロジェクト計画及びオーストラリア科学基金のため、 校閲のエキスパートとしてアメリカ国立科学財団にて幾度の活動を行った。 これらの活動はアメリカの科学雑誌"INVERTEBRATE BIOLOGY"、"AQUATIC BIOLOGY"、"ACTA NEUROBIOLOGIAE EXPERIMENTALIS"、"BIOCELL"の編集局、 そして"INTERNATIONAL JOURNAL OF CIRCUMPOLAR HEALTH"、 "ENTOMOLOGICA FENNICA"の副編集局に属している。 また1995年にはクイーンエリザベス2世に紹介され、ともに昼食を楽しんだ経験もある。 連絡先: Jacobs University Bremen, Faculty of Engineering and Science Campus Ring 6 (Res II, Rm 37), D-28759 Bremen Germany E-mail: b.meyer-rochow@jacobs-university.de または vmr@cc.oulu.fi